自己注射の手順 皮下注射(HMGの場合)

HOME > 不妊治療について > 自己注射の手順

HMGの場合

注射器の準備

①注射をするために必要な備品を用意します。

左から 絆創膏 注射薬 溶解液(HMG用) アルコール綿 注射針 注射器

②注射器に注射針がしっかりと取り付けられたことを確認します。

③HMGの注射の場合、こちらの溶解液を使用します。

アンプルの上のほうに溶解液が溜まっているので、先のほうを持ってくるりとまわして下さい。
そうすると、液が下に落ちます。
青い丸印を確認して下さい。
アルコール綿をあてて割ります。「青い丸印」に指先をあてて自分と逆方向へ折ります。

④注射器に溶解液を吸い込みます。

⑤もう一個のビンのふたを開けてください。

⑥先ほど注射器に吸った薬液をこちらのビンに入れて粉を溶かし、もう一度注射器に吸います。
これで薬品の準備ができました。

⑦青色の注射針をはずし、ピンクの注射針に付け替えます。

⑧注射器の中の空気を抜いて下さい。これで注射器の準備完了です!

お腹に注射をします。

①お腹のお肉をつまんで注射する場所を消毒します。

②片手でしっかりお肉をつまんで45度の角度で思い切って穿刺します!

怖がらないで、落ち着いて刺してください

③注射薬をゆっくりと注入します。

④穿刺した部所をアルコール綿で拭きます。
もまずにおさえて、最後に絆創膏をはりましょう。

⑤終わった注射器は危なくないようにペットボトルにいれて、クリニックにて破棄しますので、ご持参下さい。

齋藤シーサイドレディースクリニック

〒807-0141  福岡県遠賀郡芦屋町大字山鹿852-57 北九州市若松区を高須・青葉台から車で5分

TEL:093-701-8880 (予約優先)
(予約優先)
診療時間
9:00〜12:00
(水・土は13:00まで)
13:00〜18:00
13:00〜16:00
19:00〜21:00
休日:日曜、祝日(ただし月曜日が祝日の場合は午前のみ診療)
※日曜祝日でも人工授精、採卵は行っております。

再診ご予約の方

PC・スマートフォン ご予約の際は、診察券番号が
必要になります。
お電話 電話受付:月〜金 9:00〜18:00
<休診日>日曜日、祝日
TEL:093-701-8880