お知らせ

HOME > 新着情報 > ピシバニール療法の原理

ピシバニール療法の原理

こんにちは 齋藤シーサイドレディースクリニック医師の山下です。

当クリニックでは、免疫性不育症の患者様に対して、ピシバニール療法と漢方療法を行っております。

ところでピシバニールってなにからできているのでしょうか?

ピシバニールはA郡溶連菌という細菌を抗生物質で静菌化したものです。

もともと、免疫賦活剤(がんの免疫療法)として用いられるものです。

溶連菌は強い生体反応を起こすので、人体の免疫力を上げる力を持っています。

免疫上げる=NK細胞活性をあげてしまうのです。

ピシバニール療法はそれを逆手に取った治療法です。

極少量のピシバニールを投与することによって、逆にNK細胞活性を下げることができます。

実際の治療では、ピシバニール療法の前後にNK細胞活性を測定することによって、治療効果を判定しています。

但し、7-8割の人はNK細胞活性が下がってくれるのですが、人によるとNK細胞活性が下がらない人や逆に上がる人もおられます。

他に漢方薬による治療法もあります。患者様にご説明した上でご希望の治療を行います。
齋藤シーサイドレディースクリニック

〒807-0141  福岡県遠賀郡芦屋町大字山鹿852-57 北九州市若松区 高須・青葉台から車で5分

TEL:093-701-8880 (予約優先)
(予約優先)
診療時間
9:00〜12:00
(水・土は13:00まで)
13:00〜18:00
13:00〜16:00
19:00〜21:00
休日:日曜、祝日(ただし月曜日が祝日の場合は午前のみ診療)
※日曜祝日でも人工授精、採卵は行っております。

再診ご予約の方

PC・スマートフォン ご予約の際は、診察券番号が
必要になります。
お電話 電話受付:月〜金 9:00〜18:00
<休診日>日曜日、祝日
TEL:093-701-8880