HOME >  体外受精実績

» 体外受精実績

2017年度体外受精実績

こんにちは 院長の齋藤です。

2017年度の体外受精の治療成績が出ましたのでご報告させていただきます。
2017年度は2016年度の症例を見直しながら改善点がないかチェックし、患者様ごとに採卵、胚移植の方法、時期、使う薬の種類や量を変えてのオーダーメイド治療の考えはそのままで、培養液だけでなく採卵の針までも吟味し最善と思われるものを選択し少しでも妊娠例が増えるようにと取り組んできました。

その結果非常に高い好成績が出ております。
全体の妊娠率は42.4%と全国平均を大きく上回り、
中でも凍結融解胚移植は68.5%と極めて高い好成績です。

凍結は胚盤胞になって拡張までしてきた良好な胚のみ行い、子宮内膜が十分に厚くなってから移植しますので、当然移植しての妊娠率は高くなりますが、
それを考えても全国平均33.2%のところが68.5%とは極めて高い妊娠率と言えます。

今後はこれに満足はせず、さらに1%でも妊娠率が上がるように工夫を重ね、技術の向上に努め、スタッフ一同チームとしての協力体制で頑張っていきたいと考えておりますので宜しくお願い致します。

2017.1.1.~2017.12.31までの当院体外受精治療成績

                                  
当院 全国平均
(2015年)
平均年齢 37.9歳 38.2歳
治療周期数 201
     
体外受精 受精率 71.3%  
顕微授精 受精率 81.9%  
胚盤胞到達率 52.5%  
     
新鮮胚移植 着床率(hCG陽性) 40.6%  
新鮮胚移植 妊娠率(胎嚢確認) 28.1% 20.8%
凍結融解胚移植 着床率 74.3%  
凍結融解胚移植 妊娠率 68.5% 33.2%
     
全体 着床率 52.5%  
全体 妊娠率 42.4% 29.6%

平成28年7月から現在の当院の成績

ninshin-jisseki

当院胎嚢確認率

30~34歳  29%(14件中4件)
35~39歳  25%(12件中3件)
40~44歳  25%(20件中5件)
北九州初のオーダーメイド不妊治療のクリニック 電話番号
北九州初のオーダーメイド不妊治療のクリニック

[休診日]日曜日、祝祭日
 〒807-0141
 福岡県遠賀郡芦屋町大字山鹿852-57

お問い合わせはこちら
内観1内観2診察室

北九州不妊・不育センター